イングリッシュスタイルで表現する

フラワーデザイン

 

生花にはあざやかな色彩、あわい香り、しなやかなフォルム、

そしてなによりも澄んでみずみずしい美しさがあります。

また一瞬の輝きこそが、生花の魅力でもあります。

 

「アッシュボーン」のフラワーデザインは

イギリスガーデンのような、植生的な特徴を生かしたスタイルです。

いきいきとした葉ものは、

花の美しさを引き立て自然界の力づよさを表現します。

 

フラワーギフト、フラワー講座を通し、

そんな生花でおつくりするイングリッシュスタイルの

魅力をお届けしております。

 

 

 

  主宰 佐藤 彩 

 


<News>

2017.3.12 花ブログを更新しました。 土曜ワイド劇場「100の資格を持つ女」でアレンジメントを制作しました。

2017.2.12 講座レポートを更新しました。《2月のアレンジメント

フラワー講座の体験をご希望の方へ

只今、クラスが満席状態となっているため、体験講座は受付をしておりません。

また再開しましたら、こちらでご案内いたします。