Lesson June 2018​ 

​Hand Tied Bouquet Class

鬱陶しい梅雨の季節が始まってしまいましたね、、、。

まずは、6月のブーケレッスンより。淡く、くすんだ色合いのブーケ

キキョウ、スカビオサ、ベロニカ、トリフォリウムなどを使って。アッシュボーンのブーケレッスンは、その時いちばん美しい!と思ったお花をチョイスします。。。

Lesson May 2018​ 

​Hand Tied Bouquet Class

今月から、Hand Tied Bouquet クラスがスタート。

今年中に始動できたらいいなあと漠然とした計画でしたが、こんな早くスタートを切ることができました。。ホワイトローズ、コリアンダー、リョーブ、オダマキなどで。

​素敵なブーケが出来上がりましたよ。。写真は生徒さんの作品です。。

Lesson May 2018​ 

Basic Class

5月は横に広がりを持たせるコンポジション。レッスン1週目は、母の日と重なったレッスンだったので、芍薬をメインにした可憐なシンクなアレンジメント。今週末は​初夏のホワイト&グリーンのアレンジで爽やかに。。中央のシャンスクレマが可愛く。。このグリーンがワサワサした感じが好きでと体験に来ていただいた生徒さま。ご継続ありがとうございます。ピンク中心の春の市場も好きですが、アースカラーの初夏の色合いも素敵ですよね。。

Lesson April 2018​ 

Basic Class

4月は、花器を使用せず、オアシスにレモンリーフをくるっと巻いたテーブルアレンジメント。

パープルのキキョウに白紫陽花、コデマリのピンクアイスという品種を買いました。。いつものコデマリとは違い、くすんだグリーンがとてもかわいい。。そして、ポイントは固まりで入れ込むアプリコットのSPバラ。。5輪ほど、少し頭を出して。

一番長く通っていただいてる生徒さんから、このSPバラはどうやって使うんだろうと最後の最後までわかりませんでしたが、

なるほどです〜。と言われました。たしかに、このピンクのバラがなくてもアレンジは成立してしまいます。。

1年以上通われて、そうゆう小さな部分ですが、気づき、成長されてる姿にとても嬉しく思います。。

Lesson March 2018​ 

Basic Class

先週末で3月のレッスンが終了しました。ラナンキュラス、セリンセ、クリスマスローズなどで。。。今回もコデマリを巻き巻き。。お花をひっそり忍ばせた巻かれたアレンジ。。。みなさんの可愛いーーが止まりませんでした。。

真紅のラナンキュラスはモロッコシリーズ〝シャウエン〟。。素敵な名前ですよね。。

モロッコのシャウエンといえば、青い街で有名ですが、なぜそのような名前がついたのでしょうね。

ラナンの紅蓮とシャウエンの蒼穹。。とても魅惑的でエキゾチックな組み合わせ。。きっと、そんなところから付いた名前なのでしょうね。。。今月は体験の方が4名来ていただきました。みなさま継続ありがとうございます。

Lesson Maech 2018​ 

Basic Class

 

今日はポカポカ小春日和の中、下北教室でのレッスンでした。ヒゲ付きバインを花器にクルクル。巻かれたアレンジ。グルグルのヒゲ付きバインにさらにコデマリをグルグル。

鳥の巣みたいに。。巣の中は、小ぶりのお花をしのばさせて。。。ヒヤシンス、ラナンキュラス、スカビ、スノーボール、、などで。。。外から入る優しい光がお花をキラキラと。。とてもキレイでした。。。小さな蕾は、高さを出してピュンピュンとさせて、一層かわいく。。。体験の方がお越しなり、継続ありがとうございます。。

Lesson February 2018​ 

 

今週末は調布のたづくり教室でのレッスン。課題は春の花束です。体験の方もお見えになり、私の地元調布の同級生も遊びに来てくれました。チューリップにスカビオサ、スイトピー、パンジー&ビオラなど、9種の花材を使用して贅沢に!!なかなかアレンジと違って、最初の頃は、お花を上手に操ることができず、ストレスもありますよね、、。みなさん苦戦。。。花を束ねることって、フラワーデザインの真髄のような気がするのです。。。私もNFDの頃、一体何十個花を束ねたかしら??と思うほど、みっちり勉強しました。綺麗に仕上がった時の嬉しさ、喜びはひとしおです。明日の皆さまお待ちしております!

Lesson February 2018​ 

Basic Class

 

すかっとしたお天気にとても気持ち良い朝です。仕入れ当日の雪で、とてもハラハラドキドキもしましたが、素敵な花材もゲットできたし、無事2日間が終了しました。。ラナンキュラス シャルロット、ホワイトスイトピー、エンドウの春のアレンジメントです。。イングリッシュスタイルの特徴でもある空間を意識し、植生的なアレンジメントです。

​コントラストが強いのも、イングリッシュスタイルの特徴です。アレンジメントが主張され、力強さを感じますよね。。

みなさまが、楽しかった〜と言って帰られるのが、とても私のエネルギーになります。。ありがとうございました。。

Lesson January 2018​ 

Basic Class

週末は、調布たづくり教室のフラワー講座でした。。今週は、アネモネ&スイトピーとコデマリで、シックな装いを。先週と同様、空気感を生かした、植生的アレンジメントです。風が吹いたら、ヒラヒラとなびくようなスタイル。。

アッシュボーンのお花の特徴は、緑がワサワサと感じられるアレンジメントです。この一瞬脇役の緑たちは、実は大きな役目を果たしているのです。この脇役くんたちがなければ主役のお花も引き立たないのですね〜。。

​空気感、植生感 これがポイントとなります。。

Lesson April 2018​ 

Basic Class

先週の日曜日は、調布のたづくりで教室がありました。年明け一発目、9名の方に参加頂きました!感謝です。。体験の方も4名来て頂きました。ありがとうございます。。

課題は、春爛漫!「花壇スタイルのアレンジメント」花壇からお花が咲き乱れるように、空気感も表現する、植生的なアレンジメントです。。

 パンジー、チューリップ、コデマリ、ストック、スカビオサ、ソリダコを使って。。パンジーのこのヒラヒラ感、ふわふわ感がもうたまりません。。

 冬のシックなお花の雰囲気も大好きですが、春のお花は、またテンションがあがります!!​ ラストは、テーブルにアレンジを並べて!もう圧巻です。。

プライバシーポリシー copyright(c)2014 flower design Ashborn all rights reserved.